相続トラブルを防ぐ遺言書【相談窓口へようこそ】

スーツ

勝手に売れない

男性

相続された人物は、相続された不動産をどうするかは本人次第になりますが、それは一人の場合のみ、自分でどうするかと決められるそうです。しかし複数の人間に、財産分与をする場合は、不動産であれば、複数の人間がその不動産の所有者になるので、個人の判断で売却することは不可能になります。こういった売却のことを、相続不動産売却というのですが、これをするには様々な条件と手続きが必要になります。元々は相続された人物が、所有していた不動産ではないので、相続登記の手続きをしないといけません。この登記を手続きする理由が、相続人の名義に変更しなければ、売却もできませんし、複数の人数に相続されるのであれば、一人の人物に絞らないといけません。複数の人物で所有してるとなれば、のちに問題が起こることもありますし、名義変更をしてない不動産でも税金は払わないといけないので、長年放っておくと問題になります。そういった税金を支払うのは、だいだい相続された不動産に住んでいたり、近くに住んでる血縁者などが支払う義務になります。義務と言っても、請求元が近いところに来るだけであって、複数いるのであれば、後に税金の支払いに関しても問題になる可能性があります。基本的に税金を支払ってる人物が、相続人となることが多いそうなので、早めに話しあったほうがいいでしょう。そういった手続きの後に、相続不動産売却の手続きなどを行えるようになります。