リフォームって必要?失敗なくリフォームするには?

>

できる範囲で最大限の効果を

戸建てと集合住宅

戸建ての場合、比較的自由なアイデアを実現することができます。
自分の家ですから、生活の動線を考えたり、家族の利便性を重視したりと、いろいろな角度からリフォームを検討できます。
また、建て替えとリフォームを比較検討することもできるので、その時に一番合った選択ができます。
その分予算は大きくなるのが、戸建ての特徴です。
一方の集合住宅ですが、戸建てに比べると制限が多く、内容も限られてきます。
戸建てと違って建て替えもできませんから、できる範囲でのリフォームを検討することになります。
お隣や下階など、迷惑にならないリフォームをと、気も使いますね。
でも、共有部分などはリフォームを検討する必要がないですし、規模にもよりますが戸建てよりはコンパクトにリフォームできます。

リフォーム前提で中古物件を買うこと

最近よく聞く方法です。
中古の物件を購入することで、不動産の価格自体を抑えることができます。
また、新築の物件はフルオーダーでなければ、自分の思うような家に住むことは難しいですよね。
そうなるとなかなか手がだせなくなります。
戸建ては建売りが多く、間取りが決まってしまっています。
マンションなどの集合住宅ならなおさらです。
新しく建てた家を早速リフォームするのも、なんだか躊躇してしまいます。
中古の物件であれば、気になるところや工夫したいところをピックアップしてリフォームしたり、内装や間取りを一気に変更することも、新築物件に比べてハードルは高くありません。
ただ、お隣やご近所さんとの関係もありますので、工事など慎重に進めてトラブルを避けましょう。


この記事をシェアする