相続トラブルを防ぐ遺言書【相談窓口へようこそ】

スーツ

売却までの流れ

木槌

相続不動産売却をする際は、さっき言った通り不動産の所有者を、相続人の名義に変更する相続登記を行わないといけません。この相続登記の期限は、決まってないそうですが、早めに手続きを行っておくことで、トラブルを避けれるようになります。トラブルというのは、まず相続不動産売却ができませんので、要らない不動産であっても、登記の手続きが終わるまでは、何も出来ないそうです。それに複数相続人がいる場合は、自分の持ち分である相続のところを、勝手に登記して売られる可能性があります。後は、不測の事態が起こってしまっても、不動産賠償を受けれないそうなので、何か起こってもそのままにしないといけません。それに長い間放っておくと、相続人の誰か一人が亡くなれば、その配偶者や子どもにも相続の権利を、引き継いてしまうそうです。昔であれば、不動産の相続は、複数いる場合、一番年上の物が代表して、相続人となって、様々な手続きを行っていたそうです。しかし最近では、そういったことはないそうで、多額のお金が入るのであればと、血縁者であっても、裁判沙汰になることも多いそうです。ですので、できるだけ相続の話し合いというのは、早めに終わらせておいたほうがいいでしょう。そうすることで、相続不動産売却で得た金額を、財産分与できますし、不動産の相場というのは変わりますから、売却を考えてるのなら、早急に対応したほうがいいと思います。