相続トラブルを防ぐ遺言書【相談窓口へようこそ】

スーツ

相続した不動産

男性女性

遺産相続でトラブルに発展した場合、親族との仲に亀裂が入ってしまいますし、裁判にかかる費用だって大変なことになります。こういった相続に関わることで、もっとも問題になるのは、相続不動産売却と、または相続された不動産を担保に不動産担保ローンを組むことになります。相続不動産売却は、自分の親が亡くなった際に、その時に親が所有した不動産があれば、相続の対象になります。自分しか子どもがいなければ、その不動産は自然と自分の物になりますが、もし兄弟や姉妹がいれば、相続を分けることになるかもしれません。だから相続不動産売却をする場合は、他に兄弟や姉妹がいると、勝手に売却を行うことはできないので、相続不動産売却の手続きは個人一人では行えないようになります。それに相続された土地を担保に、不動産担保ローンを組む時にも、兄弟や姉妹に話しをつけないと、後に問題になってしまいます。不動産担保ローンは、自分に返済能力があるのであれば、兄弟や姉妹に理由を話して、担保にすることはできるでしょう。しかしもし不動産担保ローンの返済が、できない状況になってしまえば、そこの相続された土地は、融資をしてくれた不動産に売却されてしまうので問題になってしまうでしょう。こういった様々な問題が、相続不動産売却と不動産担保ローンにはあるので、きちっとそれぞれどういったものなのかを、理解しておく必要があります。そうすれば、問題が起こることもありませんし、相続に関しても問題が起こらないかもしれません。