相続トラブルを防ぐ遺言書【相談窓口へようこそ】

スーツ

相続した不動産

男性女性

遺産相続というのは、法的な手続きも大変ですし、親族との話し合いも大変になります。金銭の相続と不動産の相続に関しては、難しい面があるので、遺言状にはっきりと書かれていない場合は、裁判沙汰になる可能性もあります。

勝手に売れない

男性

不動産相続は所有していた人が亡くなったなどの理由で所有できなくなった場合、血縁者または遺言状で指定された人物にその不動産を相続できるようになるようです。他にも詳細を知っていきましょう。

売却までの流れ

木槌

相続不動産売却は様々な手続きが必要となりますので、相続登記などについて知っておくと良いでしょう。手続きを放置していると、好き勝手に手出し出来ない可能性があるので要注意です。

必ずではない

女性

遺言を作成する方法をいろいろと書いてきましたが、ここまで苦労して遺言を残しても、それで全て解決、というわけでもありません。特定の人だけに偏って遺産を譲るなど、相続人が不公平と感じる遺言であれば、逆にトラブルの種になるケースもあるでしょう。また、「遺留分」といって、法定相続人には、法定相続金額の半分は最低限取得できるという権利もあります。この遺留分は、遺言書があっても請求できるので、遺言者の立場から見れば、必ずしも遺言通りに執行されるわけではないのです。せっかく「特定の人に財産を譲る」という遺言を残しても、法定相続人が遺留分を主張して、譲りたかった財産が減ってしまう、ということもあるのです。それなら、最初から遺留分も盛り込んだ遺言にしておけば、トラブルも少ないかもしれません。自分で遺言書を作る場合には、こういった知識も仕入れて工夫して、できるだけ自分の希望通りに執行してもらえるような遺言にしたいものです。お金が絡む問題は、なかなか扱いが難しいものですし、人に話すものためらわれますが、相談窓口もたくさんありますので、わからないことや不安に思うことは相談しながら、遺言を作ってみてくださいね。